原田泳幸のデキる生き様に学ぶ男の成り上がり方

デキる男に学べ

発想力の活用方法

やる気のある2人

原田泳幸という人物は、突拍子もない発想をするように見えることもあるのが強みとして挙げられています。その発想力の根源となる言葉に耳を傾ければ、自分の発想力を高める力として糧にしていけるはずです。

Read More

夢物語だけではない

商談中

原田泳幸の考え方で、本人が重要視するのは現実的な部分だという点が特徴的です。事業を動かしていこうとするには夢物語も必要ですが、それだけではなく現実に則した視点も必要だということがわかります。

Read More

稼げる男の格の違い

学ぶべき相手の特徴

ノートパソコンの操作

原田泳幸という人物は、一般のサラリーマンがたどり着きたいと思っていてもなかなかたどり着けない、華々しい成果を獲得した実績を持ちます。外食産業においてこれまでの経営者とは全く違う提案を実現して、抜本的な改革をするなど、インパクトの大きな成果を実現したのがその実績の一端です。
大きな成果を残せば社内でも大きな対価を得られるのは当然で、原田泳幸の実績は月収制のサラリーマンとして考えれば異例の、三億円に到達した時期もあります。これだけ大きな対価を得られた原田泳幸という人物について知れば、自分自身の人生においても役立つ部分が見いだせて、より成長に繋げられるようになるはずです。
デキる男になりたかったら、デキる男から学ぶのが最良の方法です。さまざまなデキる男がいる現代において、原田泳幸という人物はまさにケーススタディの好ターゲットです。

のし上がった男

経営者と聞けば、一般的には事業を自分で立ち上げて、個人事業主から成長させて、ゆくゆくは法人化や上場企業化を実現するなど、ゼロから自分で作り上げていく人物をイメージする人も多いです。しかしながら、そういった意味では原田泳幸のことを経営者として扱おうとすると、違いが出てくる部分があります。
なぜなら、原田泳幸はずっといちサラリーマンとしての仕事に取り組み続けてきて、企業内でキャリアアップを重ねて、今や一般的な考え方になろうとしつつあるヘッドハンティングを繰り返して、最終的に経営者ポジションに就いたからです。つまり、根底にあるのは一般サラリーマンと同じ雇われの立場からの成り上がりです。だからこそ、原田泳幸の言葉はサラリーマンにとって、金言ともいえる力強い意味を持ちます。
これから成長していきたいと思うなら、原田泳幸の来歴から発言まで、とことん研究して学んで自分の骨肉とするのが大切なのは明らかです。

Contents

労働時間の使い方

打ち合わせ

原田泳幸が大切にしていたものの中に、毎日の労働時間の使い方があります。なぜ残業が生まれるのか、本来ならば不要なはずだという根拠に基づいて、残業しないルールと残業しない仕事の仕方に注目できます。

≫ Read More

インパクトも重要

人差し指

原田泳幸が取り入れたサービスは、よくよく考えてみれば普通なことも少なくありません。ふつうのことをいかにインパクトある形で行うか、それもまた大切なことだと思い知らされます。

≫ Read More